スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタン〈上〉ロックフェラー帝国を創った男

タイタン〈上〉ロックフェラー帝国を創った男
ロン チャーナウ
タイタン〈上〉ロックフェラー帝国を創った男
定価: ¥ 2,835
販売価格: ¥ 2,835
人気ランキング: 225954位
おすすめ度:
発売日: 2000-09
発売元: 日経BP社
発送可能時期: 在庫あり。

緻密な憲章に基づく伝記
ロックフェラーがいかに石油帝国を築いたかという点では、緻密な調査に基づいて書かれた本書は、事実の検証がきちんと行われているだけに、翻訳されたことが非常に意義深いと思われる。それは著者のチャーナウの実力のせいであり、同じ著者による「モルガン家」や「ウォーバーグ」(共に日本経済新聞)を合わせて読めば、アメリカの世界支配のメカニズムがはっきりと分かるのがあり難い。

財団の作り方。寄付の仕方。子孫にのこす。世界制覇。
上巻はあまりにもすさまじい金銭欲におどろかされるが、下巻は彼の人間らしさが余すところなく描かれていて面白い。ここまでくると金銭欲どうのこうのという問題ではない。しかしある意味で今もって世界に影響力を持っているのかとおもうと恐ろしい。

実業家への道。お金のため方。
世界最大の大富豪ロックフェラー氏の生涯を描いたもの。特に金銭にたいする考え方。人間観察の鋭さ。事業を興し方。継続し、維持していく過程。そのものすごさは圧倒されるであろう。これから生きていくうえでかなり参考になるのではないか。

スポンサーサイト

【theme : ラテール
【genre : オンラインゲーム

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉
広瀬 隆
赤い楯―ロスチャイルドの謎〈上〉
定価: ¥ 2,854
販売価格:
人気ランキング: 48105位
おすすめ度:
発売日: 1991-11
発売元: 集英社
発送可能時期:

本書を読まずして歴史を語ることなかれ
かつて、これほど知的興奮を呼び起こし一気に読み込ませた作品はない、全人類必読の書、政治家は本書を読破して行動せよ、メディアに携わる者は読みこなして活動せよ、一般人は熟読して歴史認識を新たにせよ、恐るべき圧倒的5本の矢の権力者たちと、それに張り巡らされた閨閥ネットワーク、彼らによって人類はどこへ向かうのか、彼らによって歴史の真相は連綿と織り込まれてきたのであった、単なるユダヤ陰謀史観と捉えると真実は見えてこない広瀬隆氏の最高作品である

近代史・現代史の見方が180度変る本
実際、この本が出てしばらくして読んだ私は、今まで何も知らなかったのか!と大きな衝撃を受け、それからもう7、8年も経つというのに、このインパクトは衰えない.それは、現在でも、この本で説明できる事件が多いからなのだが.上巻のクライマックスは、やはり第二次世界大戦だろうか.いったい、この戦争は、誰と誰が戦っていたのか!?

【theme : ジュニアアイドルユニット
【genre : アイドル・芸能

素材辞典 Vol.57 金融・通貨編

素材辞典 Vol.57 金融・通貨編

素材辞典 Vol.57 金融・通貨編
定価: ¥ 8,190
販売価格: ¥ 6,044
人気ランキング: 14549位
おすすめ度:
発売日: 1999-03-19
発売元: データクラフト
発送可能時期: 通常5~6日以内に発送

【theme : お得情報
【genre : 就職・お仕事

ベーシック経済法―独占禁止法入門 (有斐閣アルマ)

ベーシック経済法―独占禁止法入門 (有斐閣アルマ)
川濱 昇
ベーシック経済法―独占禁止法入門 (有斐閣アルマ)
定価: ¥ 1,995
販売価格: ¥ 1,995
人気ランキング: 137313位
おすすめ度:
発売日: 2006-04
発売元: 有斐閣
発送可能時期: 在庫あり。

使いやすい
 独占禁止法の入門書。
 小著だが、独占禁止法上の主要な論点に触れられている。また、ケースが充実しており、独占禁止法の考え方が、分かりやすく説明されている。
 エンフォースメントはやや薄いが、入門書としての性格上、やむを得ないか・・・。
 まとめ段階でも使える便利な本。

【theme : ダイエット
【genre : ヘルス・ダイエット

ロスチャイルドファミリー世界金融財閥悪魔の法典―初公開完訳タルムード&ユダヤ議定書

ロスチャイルドファミリー世界金融財閥悪魔の法典―初公開完訳タルムード&ユダヤ議定書
加賀美 亮

定価: ¥ 1,529
販売価格:
人気ランキング: 248210位
おすすめ度:
発売日: 1994-09
発売元: 第一企画出版
発送可能時期:

【theme : FX・くりっく365 成績公開日記
【genre : 株式・投資・マネー

独占禁止法 [第2版補正版]

独占禁止法 [第2版補正版]
金井 貴嗣
独占禁止法 [第2版補正版]
定価: ¥ 4,830
販売価格: ¥ 4,830
人気ランキング: 174482位
おすすめ度:
発売日: 2008-04-08
発売元: 弘文堂
発送可能時期: 在庫あり。

第2版をお持ちの方は要注意!
企業結合ガイドラインと知的財産ガイドラインの改定を踏まえて最新の内容になっていると紹介されていたので第2版から買い換えたのですが、知的財産ガイドラインについては「第8章 知的財産権と独占禁止法」(稗貫俊文執筆部分)の最後に簡単な附記があるだけで、本文の記述はまったく旧版のままでした。
 全体的には通説的見解で非常に良くまとまった本なのでいつも参考にしているのですが、今回の改訂は残念です。

【theme : 政治家
【genre : 政治・経済

ロスチャイルド〈下〉―富と権力の物語 (新潮文庫)

ロスチャイルド〈下〉―富と権力の物語 (新潮文庫)
デリク ウィルソン

定価: ¥ 693
販売価格:
人気ランキング: 89473位
おすすめ度:
発売日: 1995-04
発売元: 新潮社
発送可能時期:

【theme : おすすめお得情報~♪
【genre : アフィリエイト

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
安部 芳裕
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
定価: ¥ 680
販売価格: ¥ 680
人気ランキング: 99位
おすすめ度:
発売日: 2008-09
発売元: 徳間書店
発送可能時期: 在庫あり。

これを知るべき
類書もいろいろ読んだことがありますが、非常にわかりやすい。
日常の社会生活や経済活動を行う上でも、将来を見通すうえでも必要不可欠な教養ではないでしょうか。


お金とはかくもシンプルなもの
賛否両論あるようですが、
私にはとても面白くて、一気に読めてしまいました。
本書でロスチャイルド一族の所業とされている内容の信憑性については、
事実だったら凄いし、
事実ではなくても、多かれ少なかれ似たようなことは
行われているんだろうな、という風に受け止めています。
気分的には『ダ・ヴィンチ・コード』なんかを読んでる時の感覚に近い。
うんちくサスペンスみたいな感じです。

いずれにせよ、
難しい経済理論の本やら話やら政策なんかよりも、
本書の、金融システムというのは金持ちが儲ける為に造られたものだ、
というシンプルな見方は
とても納得がいくし、わかりやすくてよかったです。
歴史は勝者が作る、とよく云いますが、
現代のお金の問題に関してはなぜか意外と忘れられている観点なのかな、とも
感じました。

個人的に、233ページから引用されている
マイケル・ハドソン教授の論文は名文だと思います。
これだけでも読む価値あり。
もちろん著者自身の文章も読み易くて面白くて秀逸ですが。

この手の本は他にもあるのかもしれないので、
この本だけが特別優れた本なのかどうかはわかりませんが、
私にとっては読んで良かった本なので、☆4つ。




金融・マネーに関するかなりいい加減な知識+陰謀史観=本書
申し訳ないけど、本書に書かれている金融・マネーに関する理解はそうとういい加減なものです。そこに低俗なユダヤ・ロスチャイルド陰謀説史観を合体させただけの内容だと言うしかない。なんでこんな本が受けているのか?欧米の金融危機で世界不況、そのうさ晴らしに悪いのは全部金融機関、その総本山がロスチャイルドという漫画的な構図が受けているのでしょうね。「本書を読んで目からうろこが落ちた」なんて言っている方、実は別の分厚い「うろこ」を装着しただけですね。日本の「金融リテラシー」の道は遠いと思わざるを得ない。

【theme : イ・ビョンホン
【genre : アイドル・芸能

CASIO 金融計算電卓 BF-750 (繰り上げ返済・借り換え計算対応)

CASIO 金融計算電卓 BF-750 (繰り上げ返済・借り換え計算対応)

CASIO 金融計算電卓 BF-750 (繰り上げ返済・借り換え計算対応)
定価: ¥ 9,975
販売価格:
人気ランキング: 17036位
おすすめ度:
発売日: 2005-09-08
発売元: カシオ
発送可能時期:

繰り上げ返済・借り換えに対応した金融計算電卓
月々のローン返済額や預金の受け取り額計算に加えて、ローンの繰り上げ返済や借り換えなどにも対応した金融計算電卓。

繰上返済計算
返済回数をどれだけ短縮できるか、または月々やボーナス時の返済額をいくら減らせるかを試算可能。ローン借り換えの場合、元のローンとの返済総額の差も算出できる。

年賦償還計算
ローン返済時に受け取る「償還表」に相当する計算が行える。任意の時点、例えば2010年12月の当月返済額・利息部分・元金部分・返済後残高・返済総額などを試算できる。

ローン計算
借入額・金利・返済月数を入力すれば、月々やボーナス時の返済額を算出。固定金利はもちろん、段階金利や元金均等のローン計算にも対応している。

定期預金計算
定期預金の預入額・金利・期間を入力すれば、複利計算を自動的に行ない、満期時の受取額を表示する。目標とする受取額から、必要な預入額を算出することもできる。

積立預金計算
積立預金を簡単に試算できる機能。目標とする受取額から、毎月の積立額を簡単に算出できる。毎月の積立額・金利・積立期間を入力して、受取額を算出することも可能。

外貨預金計算
円から外貨への交換レート(TTS)・外貨から円への交換レート(TTB)を、預金額・利率・預入期間とともに入力すれば、受取額と損益を表示。損益分岐点の算出も可能。

【theme : サイト紹介
【genre : アフィリエイト

独禁法講義

独禁法講義
白石 忠志
独禁法講義
定価: ¥ 2,310
販売価格: ¥ 2,310
人気ランキング: 143955位
おすすめ度:
発売日: 2005-07
発売元: 有斐閣
発送可能時期: 在庫あり。

注意
白石先生のHPによれば、来年3月頃に第4版を刊行予定とのことです。
購入予定の方はご注意を。

独自性強い
良い点:
・語り口の平易さは他に類をみない。
・図を使用し、分かりやすさに努めている。
・分厚くないのでさっと読み通せる。

問題点:
・独禁法の構造の整理の仕方自体が、著者独自のものであるので、通説的見解を知るには向かないかもしれない。
・同様の理由から、(平易だが)初学者が手に取るのはお勧めできない。独禁法を一通り学んだ人が、頭の中を整理するために読むにはいい。初学者はやはり有斐閣アルマの『ベーシック経済法』がいい。
・不公正な取引方法の目次が、一般指定の項数ではなく、なぜか「2条9項1号、2条9項2号…」と独禁法の条文になっている。あくまで法律はこっち(独禁法)だから、ということなのかもしれないが、わかりにくい。

本物
 お偉い先生は、分厚く、さぞ格式ある様式を整えた自分の教科書をもって、鼻高々に自説を展開している。しかし実は、最終的には「ガイドライン読んでおいて」に逃げ込むのである。
 ガイドラインがなぜそうなっているのか、あるべきガイドラインとは何かは、当然、独禁「法」そのものを真に理解してなければ分からないことだ。お偉い先生の分厚い本を読む時間があるのなら、この薄い本書を軽い気持ちで読んでみることである。しからば、本物を知ることになる。独禁法を本当に理解することになる。

【theme : 韓国ドラマ
【genre : テレビ・ラジオ

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方

三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方
奥村 宏
三菱とは何か―法人資本主義の終焉と「三菱」の行方
定価: ¥ 1,764
販売価格: ¥ 1,764
人気ランキング: 129039位
おすすめ度:
発売日: 2004-12
発売元: 太田出版
発送可能時期: 通常2~4週間以内に発送

もっと本質をえぐる批判を読みたい
 三菱自動車の欠陥車事件が世間の耳目を集めて以来、“三菱”が頭につく不祥事の報道が目につきます。三菱には、何か本質的に反社会的な体質でもあるのだろうか? あるとすれば、それは何? と読み進みました。
 私の期待が大きすぎたのでしょうか。残念ながら、三菱が「悪の帝国」というような決定的な分析を読むことができませんでした。

 確かに、三菱は歴史的に多くの批判を浴びてきました。特に第二次大戦前は、財閥企業は暴利をむさぼっていると軍部の若手将校から目の敵にされたりもしました。

 本書で展開される著者の批判は一々ごもっともですが、タイトルに相応するような三菱グループの本質をえぐるような批判には思えません。「それが『三菱を解体してしまえ』というほど許せないことなの?」と問いかけたくなってしまいます。
 むしろ、朝鮮戦争の特需に対して三菱が慎重であった、という意外な事実を本書で発見したりすると、“悪の権化”というイメージが薄れていきました。
 やはり、創業家(岩崎弥太郎の一族)の支配下にあった三菱が、財閥解体によって法人同士が株式を持ち合うようになったこと(著者が「法人資本主義」と呼ぶ状態)で、体質が変わったのでしょうか。
 三菱自動車の欠陥隠しにしても、世に知れるようになったきっかけが「社員の告発」ということですから、著者が「会社本位主義は三菱グループという牙城で崩れだしたのである」と指摘しているように、変化の徴候と捉えることができるように思います。

 著者の批判に逆行するように、東京三菱銀行はUFJ銀行と合併して、ますます企業のスケールメリットを追求しようとしています。
 「これからの企業に要求されているのは専門性と弾力性であり、それには大企業は適していない」という著者の主張は正しいのでしょうか。
 10年単位でウォッチしていく必要がありそうですねぇ。

三菱から見た日本企業史
三井がどちらかといえば平和的な産業、軽工業が得意だったのに対し、三菱は戦前から軍事、防衛産業が強く、大衆向けの製品を作ることは元々得意ではなかったようである。戦後日本の産業が重化学工業化するに従って、三菱が江戸時代に系譜をさかのぼれる三井を凌駕するほどになったのはこうした背景があるという。まさに三菱の命運は日本という国家とともにあった。三菱を知ることは日本を知ることであるかもしれない。

日本の経済社会を体現してきた企業グループの総括論
著者が論点としてきた日本の経済社会の特異性を、総括するような執筆である。著者に言わせれば、マスコミを賑わす一連の不祥事は、起こるべくして起きたという。三菱という紋章に象徴された日本の経済社会のゆがみを、鋭く、的確に、偏向を抑えて冷徹に論破している。
それにしても、日本経済の中心的存在として、国家の為、国民の為と、尽くしてきた三菱社員達のプライドはどうなるのだろうか。三菱が普通の会社として世の中に再び受け入れられる時が、新しい日本の出発点になるのかもしれない。

【theme : 大野智
【genre : アイドル・芸能

富の王国 ロスチャイルド

富の王国 ロスチャイルド
池内 紀
富の王国 ロスチャイルド
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 13164位
おすすめ度:
発売日: 2008-11
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

【theme : 株式・先物・FX
【genre : 株式・投資・マネー

モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)

モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)
ロン・チャーナウ
モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)
定価: ¥ 1,200
販売価格: ¥ 1,200
人気ランキング: 30004位
おすすめ度:
発売日: 2005-07-02
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期: 在庫あり。

主旨が散漫、記述は凡庸。
モルガン系企業を非難するつもりは毛頭ないけれども、
この著者の本書に対する執筆の姿勢に一言言いたい。

あっち行ったりこっち行ったりの迂回に次ぐ迂回で、
本筋の流れが全く見えてこないのは非常に残念で、
行き当たりばったりに資料を参照しては継ぎ足しているような印象を受ける。

歴史を扱ったものにしては、テーマが絞り切れておらず、
人物を扱ったものにしては、散漫な印象が避けられず、

色々なものを一斉に混ぜてしまったことが、
主旨と記述がどうもうまくかみ合っていないように感じる原因ではないか?

個人的には、法制度の規制をテーマに一つの筋を、
人物の略歴をテーマに一つの筋を、
戦争などの大きな事件をテーマに一つの筋を、

といった感じで、コンパクトにまとめてくれたなら、
読みやすさの点では、いいのではないかと思う。

一応上下巻二冊とも読み終えてからの感想です。

近現代史とモルガン家
ルーズベルトからタフトまでの共和党政権で、
モルガンは米銀筆頭として、
アメリカ製品売り込みの先棒を担いだそうな。
ワシントンの連邦政府が相当強引な感じ。
「軍事介入の脅しなどは、
債務返済を急がせるのに
格好の手段だった」
との記述に、
ナニワ金融道みたいやなあと、
あっけにとられた。
貿易に戦争は不可欠と喝破した
オランダ東インド会社をも連想した。

歴史からみえるものもある
金融業界への興味から手にとりました。

もちろん、現代とは時代背景が違うわけですが、現代へとつながる考え方や歴史を知ることで、サブプライム問題その他への見方が変わりました。

歴史は繰り返す。

今後の行く末を考える意味でも、参考になる一冊だと思います。

【theme : 株・日経225・先物・Eワラント対策
【genre : 株式・投資・マネー

元勲・財閥の邸宅―伊藤博文、山縣有朋、西園寺公望、三井、岩崎、住友…の邸宅・別邸20 (JTBキャンブックス 文学歴史 26) (JTBキャンブックス)

元勲・財閥の邸宅―伊藤博文、山縣有朋、西園寺公望、三井、岩崎、住友…の邸宅・別邸20 (JTBキャンブックス 文学歴史 26) (JTBキャンブックス)
和田 久士
元勲・財閥の邸宅―伊藤博文、山縣有朋、西園寺公望、三井、岩崎、住友…の邸宅・別邸20 (JTBキャンブックス 文学歴史 26) (JTBキャンブックス)
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 108123位
おすすめ度:
発売日: 2007-02-02
発売元: ジェイティビィパブリッシング
発送可能時期: 在庫あり。

皇族版とは全然違う建物だった
同シリーズの皇族の建物がすごくよかったのでこちらも読んでみた。
同じ明治大正時期の建物でも、皇族のそれと元勲のものとは全くたたずまいが違って
すごく面白かった。基本的に明治政府の元勲は元々有力藩の人(武士)ってことを考えると
公家の家と武士の家はこんな感じに違うだろうな、と想像はつくのだけど。

想像以上にはっきりと二者の建物が違っていて面白い。同じ時期に生き、どちらも
同じように海外生活をしている人が多いというのに。

どちらがいい、悪いではない。どちらもいい。他のシリーズも読みたいと思った。


明治の香り
京都に建つ山縣有朋の無鄰菴、明治村に移された西郷従道の洋風邸宅、江戸東京たてもの園に移築の三井八郎右衛門邸……。
明治の元勲の邸宅をはじめ、贅を尽くした財閥の別邸、さらに大正期の政治家の旧居など、現在も残る「貴顕の館」20ヶ所が美しい写真で紹介されています。
文章も建築主のエピソードや蘊蓄がバランスよく盛り込まれ、読みやすく仕上がっています。
この手の本にありがちな、こまごまとした建築意匠ばかり取り上げるのではなく、全景や周囲のロケーションもしっかり紹介されており、大変好感が持てました。
よい目配りがなされた一冊だと思います。

【theme : フランス語
【genre : 本・雑誌

ナニワ金融道 5 [DVD]

ナニワ金融道 5 [DVD]
中居正広
ナニワ金融道 5 [DVD]
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,990
人気ランキング: 28066位
おすすめ度:
発売日: 2006-01-27
発売元: フジテレビ
発送可能時期: 在庫あり。

1996年~2005年、全6回にわたりフジテレビ系で放映されたSMAPの中居正広主演のスペシャルドラマ。原作は青木雄二による同名コミック。脚本は『踊る大捜査線』の君塚良一が手がけ、コミカルでテンポのよい作品に仕上がっている。ナニワの金融会社・帝国金融に入社した青年・灰原達之(中居正広)が、金に翻弄される人間の哀しさ、図太さ、したたかさを目の当たりにしながら、“大阪一の金融屋”を目指す姿を丹念に追っており、見ごたえがある。借金、債務取り立てなど、生々しくなりがちなテーマも、魅力的な女性ゲストを配することで、親しみやすく華やかに見せていて好感がもてる。灰原を導く先輩・桑田(小林薫)ら、渋い男性陣の活躍も必見。(みきーる)

これもエンターテインメント
この作品の最も山場、と言うか唯一の見せ所は、緒方拳と小松政夫の専門用語対決でしょう。
これぞ金融ドラマ(?)というところを見せてくれます。
難しい言葉が出るたびに高速テロップで説明してくれるのですが、簡単な言葉も親切に出してくれる割にはかなり高速で(笑)
若い中居君はもとより、普段ドラマなどでは関西弁を一切出さない堤真一がばりばり関西弁を使いこなしている、という希少さが楽しめます。
世の中は金、人を人とは思わないこと、なんていう世の中のどろどろをとことん楽しむ内容であり、正義感たっぷりの中居正広演じる主人公より帝国金融より赤信ファイナンスよりも、堤真一演じるはめられた肉欲棒太郎さんが一番いい人だったような気もします。。


【theme : 亀梨和也
【genre : アイドル・芸能

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)
広瀬 隆
赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)
定価: ¥ 900
販売価格: ¥ 900
人気ランキング: 35600位
おすすめ度:
発売日: 1996-12
発売元: 集英社
発送可能時期: 在庫あり。

東ヨーロッパの民衆を貧困の極に追いやったのは西ヨーロッパの商人
「攻撃して、相手を倒すことによって財産をせしめなくともよい。近親結婚をくり返すことによって、
分散していたオート・バンクの資産は一ヵ所に向かって集中してゆき、かなうもののない一家族に集中する。」
「思想書など何百冊読んでも頭はよくならない。家系図を描いて、そこに利権を書き込んでゆくと、ほとんどの悪事の答が浮かびあがる」

サロー仏首相と独裁者スターリンの驚くべき近親婚。
「系図45を調べてみると、もはやこの世のすべてが信じられなくなるのは、筆者だけであろうか」
スターリン第3夫人(Rosa Kaganovich) の実弟(Nicolas Kagan セリグマン銀行オーナー)
                               |
                    妻(Simone Sarraut) の実父(Maurice Sarraut=仏首相アルベール・サロー(Albert Sarraut)の実兄)
 =「"共産主義者"と"大資本家"の連携プレー」on「餓死の農民と血を吐くような石油労働者」
   ウクライナの穀物、バクーの油田 ⇒ ルイ=ドレフュス商会、フランス石油

「従来の歴史は、政治家と軍人だけを調べて断罪し、(最大の利益を懐にしてきた)商人と銀行家を野放しにしてきた」
「ジスカールデスタン大統領と、その反対勢力ミッテラン大統領」が「きわめて近い親族」であるという「全世界で誰ひとり指摘したことのない事実関係(系図50)」
「ミッテランは大統領選挙で「核実験をやめ、兵器輸出を控え、原子力発電をおこなわない」と公約して当選し、
その後はジスカールデスタン以上に核実験、原子力、兵器輸出に没頭してきた。これで国民を裏切ったことになっているが、
系図さえ知っていれば、裏切りではなく、初めから決まっていたシナリオであった」

知的好奇心を充たす経済史
国家とは、経済とは、戦争とは何か、本書を読破した時、歴史の真実の一端が理解出来るかもしれない、フリーメーソンに代表されるユダヤ陰謀史観のトラップに陥ると彼らの本質は掴めない、知る事こそ唯一の防御である

【theme : スキンケア&コスメ
【genre : ファッション・ブランド

財閥の時代―日本型企業の源流をさぐる

財閥の時代―日本型企業の源流をさぐる
武田 晴人
財閥の時代―日本型企業の源流をさぐる
定価: ¥ 2,940
販売価格: ¥ 2,940
人気ランキング: 246742位
おすすめ度:
発売日: 1995-12-08
発売元: 新曜社
発送可能時期: 通常2~4週間以内に発送

数字と表で財閥を読み解く

 本書は、明治維新以前から続いてきた三井・住友と新興の三菱、および財閥になれなかった江戸時代の豪商、財閥に成り損ねた明治の政商など、幅広い企業体を扱っている。著者の得意とする数字と表からそれらの体質が無理なくスマートに解き明かされる。全体の構成がしっかりしており、論理的で納得のいく記述が多い。

 三井を中心に、各財閥がそれぞれの時代をどう生き抜いたか、そしてその結果として現在の姿があるという政治的・歴史的なつながりが本書を読めばよく分かる。財閥の功罪はいろいろと論じられるところだが、その長きにわたって存続してきた点を財閥の「柔軟性」という言葉で著者は評価した。

 そして今後の「財閥」は、どういう形で存続していくのだろうか。著者はどう予測しているのだろうか。本書はその点について触れてはいないが、興味深いところである。


【theme : 堂本剛
【genre : アイドル・芸能

タタ財閥―躍進インドを牽引する巨大企業グループ

タタ財閥―躍進インドを牽引する巨大企業グループ
小島 眞
タタ財閥―躍進インドを牽引する巨大企業グループ
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 178201位
おすすめ度:
発売日: 2008-02
発売元: 東洋経済新報社
発送可能時期: 在庫あり。

タタグループとインドの企業情勢を客観的に知る
タタコンサルタンシーサービシーズ、タタスチール、タタモーターズ、タタパワー
の4つの企業を中心にタタグループとインドの経済情勢が描かれている。

内容としては、きわめて客観的に数字を用いて書かれているため、
タタグループについてや、インドの企業がどのようなものかを知ることや調べること
は十分にできると思うが、読み物としてはやや物足りなさを感じた。

【theme : 日記
【genre : 小説・文学

ナニワ金融道 6 [DVD]

ナニワ金融道 6 [DVD]
中居正広
ナニワ金融道 6 [DVD]
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,990
人気ランキング: 30161位
おすすめ度:
発売日: 2006-01-27
発売元: フジテレビ
発送可能時期: 在庫あり。

1996年~2005年、全6回にわたりフジテレビ系で放映されたSMAPの中居正広主演のスペシャルドラマ。原作は青木雄二による同名コミック。脚本は『踊る大捜査線』の君塚良一が手がけ、コミカルでテンポのよい作品に仕上がっている。ナニワの金融会社・帝国金融に入社した青年・灰原達之(中居正広)が、金に翻弄される人間の哀しさ、図太さ、したたかさを目の当たりにしながら、“大阪一の金融屋”を目指す姿を丹念に追っており、見ごたえがある。借金、債務取り立てなど、生々しくなりがちなテーマも、魅力的な女性ゲストを配することで、親しみやすく華やかに見せていて好感がもてる。灰原を導く先輩・桑田(小林薫)ら、渋い男性陣の活躍も必見。(みきーる)

漫画原作の悲劇
漫画ナニワ金融道に登場するのは男女問わず一癖も二癖もあるキャラクターばかりである。

原作の場合、主人公の灰原は物語が進むごとに悪い人間になっていくのは確かだが、ドラマの中居演じる灰原はパート6になっても青臭い部分がかなり残っている。レールの上から外れそうな人間を食い物にするのが原作の灰原なのに対し、ドラマ版は正しい道に進むように敢えて自分は損な役割を演じようとしている。つまり良い人、なのだ。

今作に限れば灰原の恋人・市川朱美を演じる池脇千鶴が完全にミスキャストだと思う。池脇はどう見ても馬鹿な男を食い物にする様な、以前ヤクザと付き合った時に体に彫り物をする様な人間には見えず、市川朱美には大凡必要が無いような「清純さ」を持った人間にしか見えない。
まあナニ金を見ないような少年少女にドラマを見せる為とはいえ、原作の面白さを損ねているのは必至である。

ストーリーに関して言えば、「パチンコ依存症の女」「恋愛商法」「マルチ商法」の3つのストーリーが同時進行するため、弱冠わかり難いかもしれない。

【theme : 女神転生 IMAGINE
【genre : オンラインゲーム

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈1〉 (集英社文庫)

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈1〉 (集英社文庫)
広瀬 隆
赤い楯―ロスチャイルドの謎〈1〉 (集英社文庫)
定価: ¥ 730
販売価格: ¥ 730
人気ランキング: 19462位
おすすめ度:
発売日: 1996-11
発売元: 集英社
発送可能時期: 在庫あり。

いや、面白かったんですが。
この本が陰謀説として捉えられているらしいと後から知って、ちょっとびっくりしました、いや、確かにそれっぽい単語は散りばめられていたようには思うんですが、でも事件の縦糸は全くつながっていないことはこの本を読んでいても十分わかりますし。
一つ一つの事件の経緯も特に偏った視点もありません。
なにより、「ちょっとロスチャイルドを過大評価しすぎじゃないかなぁ」と思ってしまったのが正直なところなので、負の印象で描かれた本だというのがピンと来ないのが実情です。

とある金持ちロスチャイルド家の家系と彼らの関わった事件の話。
少々些か、他人を信用しないところがあるね、という程度の感想は許されるのではないでしょうか。しかしそのバイタリティと能力には素直に脱帽します。“陰謀”を除くとちょっとテーマが散漫かなw


系図はすごいが
これだけの系図を書かれた本は見たことがなく、その系図を追っていくのは実におもしろい。本文の内容もおもしろいのだが、残念ながら本文の内容は論理的根拠に乏しい。

例えば、ロスチャイルド5兄弟の一人の曾孫の夫の甥の祖父の甥の嫁の父親Aが、ロスチャイルド一家でるというような話が何度も出てくる。この例では、Aの姪の夫の甥の嫁の姪の子が確かにロスチャイルド姓の男子と結婚しているが、この中の一族が全てロスチャイルドであると結論づけられるのに、抵抗感を覚えるのは、私だけではないはず。一部の人間については、十分と思われる説明が加えられている場合もあるが、やはり不十分といわざるを得ない。

本書では、系図で繋がっていると、どんなに遠い親戚であってもロスチャイルドと結論づけられてしまうが、本書を読む限り、多くの富豪がネットワークで繋がっており、その一部はロスチャイルドが強い影響力を及ぼしていると結論付けるのが妥当なのではないのだろうか。

歴史中の出来事についても、根拠に乏しく、なぜそう言い切れるのか疑問符のつくケースが多かった。

本文中に論理の飛躍が散見され、学術的要素に乏しいとは思うが、膨大な系図に敬意を表して星3つ。

地球を転がす財閥の壮大な世界
「日本人がなぜ市民に至るまで傲慢であるかと問えば、それは史実を知らぬから、と答えるほかない。
子供のまま生涯を終え、その途中で一度たりとも歴史を学ばぬ国民、それが小手先の文化論を語り、ビジネスに狂奔する。
外へ出ようというなら、語学を学ぶ前に、丸い地球の歴史を知っておくべきであろう」
「政治家だけを取り上げて戦争の発端を論ずるような歴史観は、今日まで多くの知識人が犯してきた重大な過ちである」
「キリスト教徒が中世の暗黒時代、ユダヤ人に許していた職業は、"ダイヤの研磨"か"金貸し"しかなかった」
「「歴史は女で作られる」?「歴史は夜作られる」、この名言を体現する女性たちについては、歴史上の体系的な記録がほとんど痕跡さえ残っていない状態である」

世界最大の産業"石油"が誕生した19世紀末、「ロックフェラーがヨーロッパの産業共同体にダンピング攻勢」
 ⇒ ロスチャイルド対ロックフェラー対クルップという三つ巴の利権争奪戦 ⇒ 第一次世界大戦

世界最大の化学トラスト「IGファルベン」(独)1925- 後年、アウシュビッツの強制収容所を経営。
総合化学会社「ICI」(英)Imperial Chemical Industries(大英帝国化学工業)1926-。
⇒「当時のヨーロッパを二分する超マンモス企業の誕生と対立」
 「実はここに芽生えた敵意こそが、第二次世界大戦の最も大きな誘因になろうとしていた」

【theme : 政治家
【genre : 政治・経済

ロスチャイルド家―ユダヤ国際財閥の興亡 (講談社現代新書)

ロスチャイルド家―ユダヤ国際財閥の興亡 (講談社現代新書)
横山 三四郎
ロスチャイルド家―ユダヤ国際財閥の興亡 (講談社現代新書)
定価: ¥ 735
販売価格: ¥ 735
人気ランキング: 12923位
おすすめ度:
発売日: 1995-05
発売元: 講談社
発送可能時期: 在庫あり。

動乱で富を成し、同胞を救った一族
古銭商から身を起こし、有力者へコネと信用をつくり、極秘情報と国境を越えた一族の結束(現代で言うインサイダー取引)で巨万の富を築いた。フランス革命以降の時代の波とディズレリと協調した帝国主義の潮流に乗り、グローバルな情報網を構築した。中学・高校で習う世界史の表舞台には出てこないが近現代史においてロスチャイルド家が果たした役割は大きい。ロスチャイルド家の成功がなければ、イスラエル建国もなかったであろう。本書は1995年刊行の新書であるため、ロスチャイルド家の興隆の歴史の概略を知るだけで、なぜ・どのようにして彼らは富を得、現在のユーロ圏内でどのような役割を果たしているのか、について詳細な分析が見られず、読後、物足りなさを感じるのでマイナス1点とした。

ロスチャイルドの世界系譜。
 大学の宗教学でオススメされた本です。最初の印象は、「薄いな」って感じだったんですが、読み始めると大変中身は濃く、ロスチャイルド家の世界が広がっていきました。
 ユダヤ人という事で何度も差別や偏見を受け、しかしそんな圧迫に屈することなく、時にはそれを逆手にとってビジネスを先駆けて巨大化するロスチャイルド家の力には圧倒されるものがあります。また、個人個人が不思議な趣味を持っていたり、だからといってそれが趣味だけで終わらずビジネスにまで結びつくところがロスチャイルド家らしくて好感をもてました。
 いつの時代もタイミングを見計らったり、情報を幅広く、手早く手に入れるなどの『ビジネスらしいビジネス』を理想的な形で行っていくロスチャイルド家の手腕はある意味読んでいてすっきりするようなものを感じます。
 世界に散ったロスチャイルド家と、世界に広がったにもかかわらず失われることのない家族の絆の素晴らしさ、大切さを感じます。
 また、日露戦争におけるロスチャイルド家と日本の関係も大変面白いものがあります。
 ユダヤ人についての参考書籍という事だったのですが、家族の絆やビジネスの進め方など、色々な勉強になりました。
 また、文体自体も学術書のようなとっつきにくい感じではなく、文学のような感覚で読めるところも魅力に感じました。大変参考になりました。

歴史と財閥
 イスラエル建国、ツタンカーメン発掘、ノーベル賞などロスチャイルド財閥が過去二百年の歴史と密接に関わってきたことが分かる。こうなると財閥は世界的には必要な存在なのではと思ってしまった。現在でもダイアモンドのデビアスやリプトンなど多くの会社を所有していることからもその影響力の大きさが分かる。大財閥だけにエピソードも破格。イスラエル建国のために密かに土地を買い占める話や、一族内の高級ワイン戦争などはスケールが大きい話です。日露戦争時の資金調達など日本との関係も書かれていて、他にも興味深いエピソードが沢山あります。

【theme : 日記
【genre : 小説・文学

独占禁止法入門 (日経文庫)

独占禁止法入門 (日経文庫)
厚谷 襄児
独占禁止法入門 (日経文庫)
定価: ¥ 903
販売価格: ¥ 903
人気ランキング: 125045位
おすすめ度:
発売日: 2005-11
発売元: 日本経済新聞社
発送可能時期: 通常2~4週間以内に発送

講義副読本としても役立つと思います。
新書ですが内容は非常に充実しています。事例や定義,判断基準などが紙幅の許す範囲で
バランスよく凝縮されているため、大学での講義の副読本としてもお勧めです。
また、いわゆる伝統的な視点・構成で書かれているので、白石忠志『独禁法講義』を
持っている初学者の方は、本書と対比することで白石独禁法の斬新さがよくわかると
思います。

専門用語を極力控え、説明が分かりやすいよう工夫されている
初版は86年なので、20年の年月を経て今では6版となったロングセラー。本版では平成17年の法改正までフォローしています。
条文の文言や専門用語をできるだけ控えて説明していますが、もともと内容に概念的な部分が多い分野ですから初心者にちょっと難しいかもしれません。ただ、基本概念をおさえた人にとっては、全体を見渡すのにはちょうどよい分量ですし、新法へも頻繁にフォローしているというのがロングセラーの秘訣かもしれません。
ただ、それなら手続面とかで新旧の対比などについてもうちょっと説明があったら親切だったのに、とは思いました。

【theme : 美容・健康
【genre : アフィリエイト

ナニワ金融道 2 [DVD]

ナニワ金融道 2 [DVD]
中居正広
ナニワ金融道 2 [DVD]
定価: ¥ 3,990
販売価格: ¥ 3,990
人気ランキング: 40404位
おすすめ度:
発売日: 2006-01-27
発売元: フジテレビ
発送可能時期: 在庫あり。

1996年~2005年、全6回にわたりフジテレビ系で放映されたSMAPの中居正広主演のスペシャルドラマ。原作は青木雄二による同名コミック。脚本は『踊る大捜査線』の君塚良一が手がけ、コミカルでテンポのよい作品に仕上がっている。ナニワの金融会社・帝国金融に入社した青年・灰原達之(中居正広)が、金に翻弄される人間の哀しさ、図太さ、したたかさを目の当たりにしながら、“大阪一の金融屋”を目指す姿を丹念に追っており、見ごたえがある。借金、債務取り立てなど、生々しくなりがちなテーマも、魅力的な女性ゲストを配することで、親しみやすく華やかに見せていて好感がもてる。灰原を導く先輩・桑田(小林薫)ら、渋い男性陣の活躍も必見。(みきーる)

【theme : 赤ちゃんが欲しい
【genre : 結婚・家庭生活

世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名

世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名
ユースタス・マリンズ
世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 77211位
おすすめ度:
発売日: 2007-10-20
発売元: 成甲書房
発送可能時期: 在庫あり。

脱税財団による財閥の世界支配と諜報機関の犯罪
本書の上巻は、主に金融史に的を絞った記だったが、下巻は主に、CIAを初めとする西側諜報機関の戦争犯罪と、いわゆる「財団」(脱税財団)を通した財閥の世界支配の展開を取り扱っている。同時に、大統領やその候補者が所属し、政財界に深く根を張った秘密クラブ「スカル・アンド・ボーンズ」について詳しく述べてある。

世界大戦を煽動し、長期化させたのは英米の金融財閥である。なぜなら、彼等は戦争資金をイギリスに貸し付けることで巨額の富を得、戦時輸送、物資ビジネスに深く関わっていたからである。ヒトラーの第三帝国と対峙した英米金融財閥は、ロックフェラーセンターのビル中にイギリスの諜報官、イントレピッド(スティーブンソン)が駐在し、英米の作戦についての情報交換を行ったことは、ハヤカワ文庫で出ている「イントレピッドと呼ばれた男」にも詳しいが、本書では簡潔にそのポイントが纏められている。

だから下巻は、スパイ小説のファンでも十分に楽しめる内容になっている。

上巻=金融史、下巻=諜報機関の大戦との関わり、というように内容面では、大きくは分かれているが、その両者が深く絡み合っている。世界の支配者とは、その全てに資金提供を行う人たちをいうのである。

なお、下巻巻末には人物索引が付されている。

【theme : Tシャツ
【genre : ファッション・ブランド

プロジェクトA子2~大徳寺財閥の陰謀~ [VHS]

プロジェクトA子2~大徳寺財閥の陰謀~ [VHS]
西島克彦

定価: ¥ 11,634
販売価格:
人気ランキング: 30869位
おすすめ度:
発売日: 1987-05-21
発売元: ポニーキャニオン
発送可能時期:

ちょっとパワー不足
パワーにあふれた第一作に比べて、パワーダウンという感じです。 もちろんアクションやギャグはあるのですが、何となくイマイチ。 絵のクオリティーも少し落ちたようにも感じました。
B子のバトルスーツ「赤城山23号」もラスト近くでちょこっと出ただけで、1の時に見せた、あのスーツでのアクションがなかったのが残念。
各キャラクターの魅力は出ていると思うのですが…。
ファンじゃない人にはちょっと物足りないかも。

【theme : ものづくり
【genre : ビジネス

日本人が知らない恐るべき真実 ?マネーがわかれば世界がわかる?(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)

日本人が知らない恐るべき真実 ?マネーがわかれば世界がわかる?(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)
安部 芳裕
日本人が知らない恐るべき真実 ?マネーがわかれば世界がわかる?(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)
定価: ¥ 945
販売価格: ¥ 945
人気ランキング: 31位
おすすめ度:
発売日: 2008-12-15
発売元: 晋遊舎
発送可能時期: 在庫あり。

素晴らしい内容・・・世界中で読んで欲しい本
前作の「金融の仕組み・・・」も、大変素晴らしい本でしたが、こちらは更に素晴らしい本だと思います。
毎日使い、知らないことなど無いと思っているお金・・・・しかし、本当のところは、ほとんどの人が知らない。
知らない・・・この無知にも、実は理由があるのですが、その告発には力点がまったく置かれておらず、解決する方策を明示してある点は、他の告発系の本とは一線を画し、圧倒的に優れている点だと思います。
この本をたくさんの人たちに知ってもらい、「お金についての本当の理解」が深まれば、大げさでなく「世界平和」も夢ではない!・・・・未来に希望を持つ事が出来る、大変素晴らしい本です。
私も、たくさんの人たちにこの本を読んでもらえるよう、微力ながら宣伝していきたいと思いました^^;

金融資本に翻弄される世界からの脱却への道筋を指し示す希望の書!
内容は大きく2つに分かれている。

前半は、お金にまつわる日本と世界の危機、すなわち、日本の財政が破産状態にあること、グローバリゼーションが経済格差を拡大し続けていること、そして世界を支配する国際金融資本などに焦点を当てる。
後半は、それらの危機の原因が「お金」の仕組み自身にあるとして、「お金とはな何か?」をその歴史を辿りながら分かりやすく解説し、今のシステムに換わる新しい貨幣システムの可能性を探っていく内容となっている。

この本の中で最も衝撃的なのは、今の「利子」を取る金融システムは世界に「永遠の経済成長」という不可能なものを要求しており、しかも、お金のあるところにお金を集め、お金のないところからはどんどんお金が逃げていく結果、格差をどんどん拡大しつつ最終的に崩壊せざるを得ないものだ、ということを指摘している点である。

あまりに当たり前過ぎて普段は考えることもないお金に焦点を当てているところが秀逸だが、さらに、ここまで上げてきた問題への解決策として、「利子を取らない」地域通貨というものの活用を提唱しているところが素晴らしい。
前著「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」でも同じ趣旨のことが述べられていたが、今回の方がさらに詳しく、実際に世界各国で行われた具体例が多く上げられており、実現可能であることがイメージできるので希望を感じることができる。

地域通貨の実現は決して夢ではないので、この考え方が多くの人に知られるようになり、その結果として格差の拡大や地方の疲弊が緩和されればこんな嬉しいことはない。

今後の行動指針となる本
「金融の仕組みは全部ロスチャイルドが作った」とこの1冊で、現状の政治や経済に何故自分が深くコミット出来ないか理由が判ったような気がした。ここまでしっかりと金融システムが組み上げられ、一方向だけに金が流れる仕組みの世の中にあっては、我々庶民のいじましい(否、小賢しい?)戦略など「焼け石に水」だと思い知った。以前に広瀬隆氏やベンジャミン・フルフォ?ド氏の本を読んでいたので、目から鱗と言うほど驚きに満ちていたわけではないが、地域通貨の件には深く感じ入ったし、希望が持てる。結局、現状の金融システムの中で生き延びようとすることは自分の身を削り、地球に負荷をかけ自滅の道へと転がり落ちて行くようなものだ。同じ土俵で相撲を取るのはもう止めよう!金融システムを見直し、ささやかながらも平和共存を望む人々が貧困に喘ぐことがないよう私は行動したい。

【theme : セクシータレント・アイドル
【genre : アイドル・芸能

ナニワ金融道2 [VHS]

ナニワ金融道2 [VHS]
中居正広

定価: ¥ 12,600
販売価格:
人気ランキング: 5722位
おすすめ度:
発売日: 1996-12-20
発売元: フジテレビ
発送可能時期:

【theme : サイト紹介
【genre : アフィリエイト

難波金融伝 ミナミの帝王 DVD COLLECTION Vol.1

難波金融伝 ミナミの帝王 DVD COLLECTION Vol.1
萩庭貞明
難波金融伝 ミナミの帝王 DVD COLLECTION Vol.1
定価: ¥ 17,640
販売価格: ¥ 13,406
人気ランキング: 34480位
おすすめ度:
発売日: 2009-02-27
発売元: ジーダス
発送可能時期: 近日発売 予約可

【theme : 政治家
【genre : 政治・経済

ロツクフェラー対ロスチャイルド―巨大対立軸のなか、日本の進むべき道を探る!

ロツクフェラー対ロスチャイルド―巨大対立軸のなか、日本の進むべき道を探る!
藤井 昇

定価: ¥ 1,631
販売価格:
人気ランキング: 154994位
おすすめ度:
発売日: 1994-07
発売元: 徳間書店
発送可能時期:

認識不足
藤井氏はロックフェラーとロスチャイルドが対立して闘っているように分析しているがそれは調査不足ですよ。独占を見破られないように闘いを演じているだけでスタンダード石油設立時からジェイコブ・シフはスタンダード石油の大蔵大臣と言われてきたしファースト・ナショナル・バンク・オハイオを通じてロックフェラーの石油事業を援助、支配してきたのはまぎれもなくロスチャイルドです。そして決定的なのはJD・ロックフェラーの実弟ウィリアムの孫ゴットフリー・ロックフェラーがロスチャイルド家の近親者グラッツ家から嫁を迎えています。またウイリアムの息子ジェラルディンの結婚したドッジ家はレミントン兵器創業者の直系子孫ですが同じ一族がパリのモルガン商会を経営するジョン・カータ-の妻の姪パウリーン・モルガンと結ばれています。

目からウロコの良書だった
この本と、同じ藤井氏によるカッパブックスの「世界経済大予言」という本は、大変な名著。これらの本に書かれている視点を持たなければ、シオニズムの流れも理解できないのではないか。とにかく一読をススメル‥といいたいが、内容はかなり古いので、自分なりに権力構図の変化を考えながら読んでください。必ずためになります。
しかし著者の作品は玉石混交であり、最近は藤井厳喜の名前で活躍されているが、これらの本にまさるインパクトは著しきれてないように思う。ぜひ、この本の新版を出してほしい。

資本主義
資本主義社会の政治や経済を紐解く良書。惜しいのは10年前の本であること。。。最近のブッシュ大統領のことを切り込んだ新作が望まれる。

【theme : エンターテインメント総合
【genre : ニュース

ブログランキング
プロフィール

はじめ

Author:はじめ
はじめ:FXで稼ぎ、自分の夢を叶えるため日々精進中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
忍者
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。