スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)

赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)
広瀬 隆
赤い楯―ロスチャイルドの謎〈3〉 (集英社文庫)
定価: ¥ 900
販売価格: ¥ 900
人気ランキング: 35600位
おすすめ度:
発売日: 1996-12
発売元: 集英社
発送可能時期: 在庫あり。

東ヨーロッパの民衆を貧困の極に追いやったのは西ヨーロッパの商人
「攻撃して、相手を倒すことによって財産をせしめなくともよい。近親結婚をくり返すことによって、
分散していたオート・バンクの資産は一ヵ所に向かって集中してゆき、かなうもののない一家族に集中する。」
「思想書など何百冊読んでも頭はよくならない。家系図を描いて、そこに利権を書き込んでゆくと、ほとんどの悪事の答が浮かびあがる」

サロー仏首相と独裁者スターリンの驚くべき近親婚。
「系図45を調べてみると、もはやこの世のすべてが信じられなくなるのは、筆者だけであろうか」
スターリン第3夫人(Rosa Kaganovich) の実弟(Nicolas Kagan セリグマン銀行オーナー)
                               |
                    妻(Simone Sarraut) の実父(Maurice Sarraut=仏首相アルベール・サロー(Albert Sarraut)の実兄)
 =「"共産主義者"と"大資本家"の連携プレー」on「餓死の農民と血を吐くような石油労働者」
   ウクライナの穀物、バクーの油田 ⇒ ルイ=ドレフュス商会、フランス石油

「従来の歴史は、政治家と軍人だけを調べて断罪し、(最大の利益を懐にしてきた)商人と銀行家を野放しにしてきた」
「ジスカールデスタン大統領と、その反対勢力ミッテラン大統領」が「きわめて近い親族」であるという「全世界で誰ひとり指摘したことのない事実関係(系図50)」
「ミッテランは大統領選挙で「核実験をやめ、兵器輸出を控え、原子力発電をおこなわない」と公約して当選し、
その後はジスカールデスタン以上に核実験、原子力、兵器輸出に没頭してきた。これで国民を裏切ったことになっているが、
系図さえ知っていれば、裏切りではなく、初めから決まっていたシナリオであった」

知的好奇心を充たす経済史
国家とは、経済とは、戦争とは何か、本書を読破した時、歴史の真実の一端が理解出来るかもしれない、フリーメーソンに代表されるユダヤ陰謀史観のトラップに陥ると彼らの本質は掴めない、知る事こそ唯一の防御である

スポンサーサイト

【theme : スキンケア&コスメ
【genre : ファッション・ブランド

ブログランキング
プロフィール

はじめ

Author:はじめ
はじめ:FXで稼ぎ、自分の夢を叶えるため日々精進中

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
忍者
相互リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。